自分の力で癌を治す|悪化しないためにも原因を探る|腰痛の改善には適切な治療が必要

悪化しないためにも原因を探る|腰痛の改善には適切な治療が必要

医者

自分の力で癌を治す

病院

癌から守る免疫機能

人間は常に癌の元となる異常細胞が身体中で発生しています。そのままでは癌になってしまうかもしれないこの癌の元を退治して身体を守っているのが免疫機能です。このもともと人間に備わっている免疫機能を使って癌を治療しようというのが「免疫療法」です。血液中の白血球には、異物を攻撃する働きを持っています。その白血球の一種であるT細胞というリンパ球が異常を起こした細胞を死滅させる働きを持っています。このT細胞の働きを色々な方法で強化したり促進させることによって体内の癌細胞をやっつけるのが免疫療法です。メリットとして自分の血液を利用する療法なので、拒否反応なども起こしにくく抗癌剤のような苦しい副作用もないというと特徴を持っています。

癌をやっつける仕組み

もともと癌に対抗する力を人間は持っているのですが、成長の早い癌細胞は自然治癒力を上回ってしまいそれによって病気が発病してしまうのです。そこでこの免疫力を人為的に強化して身体に戻せば、効率よく癌をやっつけられるだろうと考えたのが免疫療法の始まりです。実際の治療では、患者から採取した血液からT細胞を抽出し増殖させて数を増やすことで免疫力を高めて癌細胞を攻撃させる「T細胞活性化療法」や、T細胞に攻撃する癌細胞を指示する役割を持つ樹状細胞を取り出し、攻撃する癌細胞を覚えさることでT細胞の攻撃効率を高める「樹状細胞ワクチン療法」といったものが行われます。ただ、免疫療法には進行した大きな癌を倒しきるほどの力がまだないので、手術や化学療法と併用するなど初期の癌や転移の予防、転移してしまった広域の癌などに向いた治療だと言えます。