悪化しないためにも原因を探る|腰痛の改善には適切な治療が必要

看護師

姿勢や行動で変わります

	医者

大事なのはバランスです

わたしたち人間は二本の足で立ち体を支えながら生活していますが、左右対称に負荷がかかっているとは限りません。足を組むことや肩にバッグをかけるなどの行動は人によって癖があり、左右どちらかだけに負担がかかっていることが多いです。また、長時間同じ姿勢で居ることは自然と一点に力が加わりそれを腰でカバーしてることがあります。腰痛は姿勢だけではなく、ホルモンバランスやストレスなど思いもよらぬ原因も考えられます。この場合はまず食事や睡眠をしっかりとることが大切です。他にも内臓が関係した腰痛もあります。不思議に思いますが、内臓が疲労で弱ってしまうと固くなり、内臓を支えているまわりの筋肉、腹部の筋肉に負担がかかり腰を圧迫してしまうこともあります。

癖を直してみましょう

腰痛の原因は様々ですが、ゆがみからくる場合まずは体を動かすことが大切です。簡単なストレッチを毎日続けます。同時に体がゆがまないように生活するため、片方に足を倒して座ったりテレビを正面以外から見たりなど左右どちらかにだけ負担が来る行動を控えましょう。これだけで腰痛は少しずつ改善されていきます。また、見落としがちな点では睡眠時の姿勢です。一日のうち数時間を睡眠にあてているのだから重要です。特にうつ伏せの姿勢は腰への負担が大きいので腰痛がある人は控えた方がいいです。左右どちらかを向いて寝ている人はどちらか決まった方向がある場合が多いので、一番いいのは仰向けで寝ることです。このように毎日の行動を少し意識して変えるだけで腰痛が無くなるかもしれません。実行してみてはどうでしょう。どうしても症状が改善されないとか、痛みが酷い場合には病院に足を運んで診察してもらうのが賢い判断です。

自分の力で癌を治す

病院

手術や化学療法に次ぐ治療法として免疫療法というものが注目されています。自分が持つ免疫機能を利用する療法のため副作用や身体への負担も少ない治療法です。全ての癌に有効というわけではありませんが、既存の治療と組み合わせることでより高い成果が得られるようになってきています。

もっと読む

磁気を帯びたビーズ

	カウンセリング

免疫沈降法では抗原の有無を調べるために使われる方法です。抗体とビーズを加えることによって、抗体と抗原が接合し、抗原抗体複合体がビーズと固定されて沈殿しやすくなります。そのため、固定をしやすくするため、磁気を帯びたビーズを使うのが良いです。

もっと読む

咳や痰が出ます

		看護師

肺がんの症状には、咳や痰があります。肺がんは、喫煙が大きく関与している病気といわれています。肺がんになるリスクを減らそうとする人に、禁煙が人気です。条件を満たしている場合には、健康保険によって禁煙治療を受けることができます。

もっと読む